頭皮を清潔に保つ

次に頭皮への直接触れる機会のあるものについてご紹介します。紫外線は頭皮にダメージを受けやすく、抜け毛の要因になりますので、帽子や日傘などで対策をする必要があります。ただし帽子は長時間の着用は避けたほうがよく、蒸れた状態になると細菌が繁殖しやすい環境となり、毛穴を詰まらせる原因になります。帽子をかぶる職種のかたなどは、休憩時間に帽子を脱ぐなどしてし、帰宅したら頭の汗や皮脂をよく洗って頭皮を清潔にすることが大切です。

シャンプー頭を洗わないで不潔にしていたり、朝晩のシャンプーなどで過度に洗髪するとかえって頭皮を傷めることになります。また、間違った洗い方だと毛穴に皮脂が残ったりします。シャンプー剤は手のひらで泡立てます。泡立てないと洗いむらができてしまい、皮脂が残りやすくなってしまいます。爪を立てて洗うと頭皮に傷がつき抜け毛の原因となりますので、指でマッサージをするような感覚で洗います。

洗う順番としては、頭皮をリフトアップするために、下から上へ洗うのが正しい洗い方といわれています。すすぎにかける時間は、シャンプーの2倍のほどの時間をかけてしっかりと泡を洗い流すことが必要です。さらに、明け方前の午前3時から朝の9時くらいまでの時間というのは、髪が伸びる時間ともいわれ、その時間帯を避けて洗髪するように心がけておくのが理想的といえます。

Pocket

ストレスも天敵

タバコ血行不良になると毛細血管に栄養が渡りにくくなり、抜け毛の要因ともなります。食生活の改善以外でできることは何があるでしょうか。まずはタバコです。喫煙するとニコチンというのは血管を収縮させてしまい、血流を悪くしてしまいます。少しでも本数を減らす努力が必要といえます。また過度な飲酒もNGです。肝臓に負担をかけてしまうことで、頭皮への栄養が不十分になってしまいます。

また、ストレスも天敵です。ストレスがたまると自律神経が乱れてしまい、血液の循環がうまく働きません。何といってもストレスは他の症状を誘発しますし、仕事や家庭、人間関係での悩みはすぐに改善しにくいものなので、どんどんストレスがたまってしまいます。気が重くなりますので、他のことに手が回らなくなり、余計にイライラしたり憂鬱になったりして、悪循環を招いてしまいます。

女性には多く見られますが、体の冷え症も血行障害が問題となります。適度な運動をして体を温めることが必要になります。ただし、無理のない程度のストレッチやジョギングに抑えておくべきで、運動が苦手で無理にやろうとすると、ストレスとなりかえって悪循環になります。睡眠も大事です。十分な睡眠時間を確保しないと、血管が凝縮した状態が続き、血行が悪くなる恐れがあります。さらに、睡眠不足のイライラはストレスにもつながりますので、注意が必要です。

Pocket

食生活の改善をする

生活習慣の改善は頭皮の健康を維持することに役立ちますが、なかなかすぐに始めることはできません。何から手を付けていいかも分からないことがあります。人間が生活していく上での基本となるのが「食」です。この食生活の改善というのはとても大きな役割があります。

たまご髪はタンパク質でできています。頭皮への必要な栄養が不十分であることは抜け毛の要因の一つです。その中でもタンパク質や亜鉛、ビタミンE、ミネラルは頭皮に必要な栄養源といえます。タンパク質といえばすぐに思いつくのが大豆でしょう。豆腐や枝豆はもちろん、白身魚やまぐろ、鶏肉、卵、牛乳・チーズなどにもタンパク質が含まれています。タンパク質が不足すると、髪の毛が細くなってしまいます。亜鉛は納豆やアーモンド、ピーナッツ、ゴマ、海苔、いわしなどに含まれ、亜鉛は新陣代謝を高めて、髪をつくる細胞の活性化を促すサポート的な存在となります。

ミネラル(鉄分)はレバーやほうれん草は有名です。それ以外にもピーマンや芽キャベツ、牛肉、ひじきなどにも含まれています。ミネラルは頭皮に栄養を運ぶ役割を担います。ビタミンEはアーモンドやごま、オリーブオイル、アボカド、ピーマンなどに含まれています。ビタミンEには抜け毛の原因となる過酸化脂質を抑制する働きがあり、血行を促進します

つづいて頭皮とストレスについて説明していきます。

Pocket

抜け毛が原因で発毛できない

全国で3人に1人の割合で抜け毛に悩んでいるといわれています。AGAという男性型脱毛症の進行が抜け毛の原因となっています。このAGAとは、体内にある男性ホルモン(テストステロン)が分泌されると頭皮にある酵素と融合し、より強力な男性ホルモンであるDHTを生成します。このDHTは脱毛因子を活性化させる働きがあるのです。毛髪のサイクルよりも進行が早くなり、毛髪の成長時期に抜け毛が起きてしまいます。発毛を邪魔していることになります。AGAがかなり進行してしまうと病院での治療が必要になってきます。病院に行くのは恥ずかしいと思ってしまう人もいるかもしれませんが、AGAはれっきとした病気です。AGAを専門に治療しているクリニックもありますので勇気を出して相談してみるのも良いでしょう。

AGAは思春期以降の男性に現れる、脱毛症でれっきとした病気です。
ですのでAGAは専門医院で治療することが可能なのです。

睡眠不足しかし、男性ホルモンが増加する傾向というものがあります。何よりも男性ホルモンが増加する傾向に、生活習慣の悪化が一因となっています。抜け毛の要因としては、生活習慣の改善と頭皮を健康状態に維持することが必須です。頭皮への血行が悪くなると栄養素が行き届かなくなり、AGAがより進行してしまいます。頭頂部のO字型ハゲや前頭部のM字型ハゲはその代表的になりますが、誰しもが健康な髪質で発毛を促進させたいと願っていることでしょう。

生活習慣の改善は頭皮だけでなく、その他の病気にも影響があるのでとても大切です。食生活や睡眠不足、運動不足などはよくテレビや雑誌、ネットでも取り上げられています。また、近年では間違ったヘアケアをすることで、頭皮をより傷つけてしまっている人が少なくありません。よかれと思って行ったことが逆にNGとなることで、早く対処する必要があります。ここでは抜け毛の要因となる生活習慣の改善や頭皮へのヘアケアを中心にご紹介していきます。

Pocket