全国で3人に1人の割合で抜け毛に悩んでいるといわれています。AGAという男性型脱毛症の進行が抜け毛の原因となっています。このAGAとは、体内にある男性ホルモン(テストステロン)が分泌されると頭皮にある酵素と融合し、より強力な男性ホルモンであるDHTを生成します。このDHTは脱毛因子を活性化させる働きがあるのです。毛髪のサイクルよりも進行が早くなり、毛髪の成長時期に抜け毛が起きてしまいます。発毛を邪魔していることになります。AGAがかなり進行してしまうと病院での治療が必要になってきます。病院に行くのは恥ずかしいと思ってしまう人もいるかもしれませんが、AGAはれっきとした病気です。AGAを専門に治療しているクリニックもありますので勇気を出して相談してみるのも良いでしょう。

AGAは思春期以降の男性に現れる、脱毛症でれっきとした病気です。
ですのでAGAは専門医院で治療することが可能なのです。

睡眠不足しかし、男性ホルモンが増加する傾向というものがあります。何よりも男性ホルモンが増加する傾向に、生活習慣の悪化が一因となっています。抜け毛の要因としては、生活習慣の改善と頭皮を健康状態に維持することが必須です。頭皮への血行が悪くなると栄養素が行き届かなくなり、AGAがより進行してしまいます。頭頂部のO字型ハゲや前頭部のM字型ハゲはその代表的になりますが、誰しもが健康な髪質で発毛を促進させたいと願っていることでしょう。

生活習慣の改善は頭皮だけでなく、その他の病気にも影響があるのでとても大切です。食生活や睡眠不足、運動不足などはよくテレビや雑誌、ネットでも取り上げられています。また、近年では間違ったヘアケアをすることで、頭皮をより傷つけてしまっている人が少なくありません。よかれと思って行ったことが逆にNGとなることで、早く対処する必要があります。ここでは抜け毛の要因となる生活習慣の改善や頭皮へのヘアケアを中心にご紹介していきます。

Pocket